ステンレス・非鉄金属 製品製作 株式会社マックス富士

TEL:055-924-2688
  • 業務案内
  • 会社概要
  • 採用情報
  • 最新情報
HOME > 会社概要
「最大品質」をモットーに地域ナンバーワン企業を目指します。
代表挨拶
マックス富士は、いわゆる「物作り屋ー鉄工所」です。
この言葉から前時代的な製造業をイメージされるかもしれませんが、弊社は早くからデジタル技術などの最新設備を積極的に導入し、常に業界をリードし続けました。
また提案型営業を軸にしたお客様満足第一主義の事業展開で、地域経済に貢献し続けています。
市場競争が激化しニーズが多様化する現在、マックス富士は定評ある技術力・提案力のさらなる 向上に取り組むとともに、新しいスローガン「最大品質。MAKS Quality, for you」を掲げ、 ステンレス・チタン加工分野における地域ナンバーワン企業を目指します。
今後のマックス富士に、どうぞご期待ください。
代表取締役 鋳物良雄 Yoshio Imono
会社概要
社 名 株式会社 マックス富士
代表者 代表取締役 鋳物 良雄
創 業 昭和43年2月
設 立 昭和48年9月
資本金 2,000万円
所在地 〒410-0302 静岡県沼津市東椎路5-1
TEL:055-924-2688(代) FAX:055-924-2689
従業員数 25名(2011年4月現在)
事業内容 ステンレス・チタン・ハステロイ等の加工溶接、装置物の製作
建築業の許可 静岡県知事許可 第17459号 建築工事業/板金工事業
取引銀行 三島信用金庫 片浜支店 / 静岡銀行 沼津西支店 / 三菱東京UFJ銀行 沼津支店
E-mail maksfuji@maksfuji.co.jp (お問い合せ受付/takagi@maksfuji.co.jp)
アクセス
【電車の場合】
JR「三島」駅よりタクシーで25分、
JR「沼津」駅よりタクシーで7分。
JR「沼津」駅よりバスで小屋敷バス停徒歩10分。
【自動車の場合】
東名高速道路「沼津I.C」より約15分。
MAKSFUJIについて
【社名の由来】
明朗・愛和・喜働・純情(すなお)
「万人幸福の道は、明朗・・・ほがらか、愛和・・・なかよく、喜働・・・よろこんで働く、この三つを今一歩おし進めると、純情=すなおの一つになる」これは、丸山敏雄先生の著作『 万人幸福の栞 』にある言葉です。
私たちマックス富士は、その精神と発想を引き継ぎ社会に貢献するためにこれらを社員の基本精神( 社是 )とし、
M e i r o u・A i w a・K i d o u・S u n a o の四つの頭文字を頂戴して社名【 M A KS 】としました。
【ロゴマークデザインコンセプト】
確かな前進を続けるための、決意と希望
深く落ち着いたブルーの正円は、マックス富士の歴史と信頼 、そして未来への無限の可能性の象徴です。
その正円を横切るブルーの楕円は安定した確かな技術力、そしてその内側にある白い楕円は新しい感性を表現しています。渾沌とした現在の業界や市場において、決して自身を見失わず確かな前進を続けられる企業でありたい・・・。
このロゴには私たちマックス富士の、未来に対する強い決意と希望が込められているのです。
MAKSFUJI
【経営理念】
会社の繁栄を全社員の豊かで明るい人生を実現するために、マックス富士では以下の三つを経営理念と定めています。
(1)社員満足・お客様満足度 1 0 0 % をめざす
(2)お客様に感動していただく発想の経営に全力をつくす
(3)お客様及び地域社会に喜んでいただく企業をめざす
【品質方針】
マックス富士では経営理念を製品に反映するための品質方針も定め社員への徹底を図っています。
(1)お客様の声を聞きコミュニケーションを図ることによってお客様の要求を満たす製品を提供する。
(2)安全及び環境に配慮した製品を提供する。
(3)要求事項に適合した製品の提供と品質マネジメントシステムの継続的な改善を行う。
沿革
昭和43年2月 初代社長である鋳物冨士雄が、沼津市我入道において「冨士鉄工所」を設立
昭和48年9月 株式会社 富士鉄工所に法人化・資本金500万円
昭和55年5月 現所在地に本社工場を移転
昭和58年8月 鋳物良雄が代表取締役に就任
昭和63年7月 資本金を1,000万円に増資
平成5年7月 「株式会社マックス富士」に社名変更
平成10年9月 第2工場を新設
平成16年7月 資本金を2,000万円に増資
平成18年4月 本社隣接地を取得の上、工場新設(第2工場を移転) 敷地総面積2,840
MAKS FUJI